Home > 食肉加工・製造サービス > 設備(熊本ミートセンター)について

食品加工・製造サービス

熊本ミートセンター

設備

■延床面積■機能
総延床面積2,389u・1次加工(部分肉製造)
・2次加工(精肉製造)
・3次加工(ハム・ソーセージ等製造)
管理面積
(熊本ミートセンター部分)
1,063u

熊本ミートセンターの特徴


■デシカント除湿機
乾燥剤を使い作業室内の湿度を減らすことで、カビの発生を減らし、製品の品質を高めます。

■作業の見える化
12台のカメラによって作業状況を外部より確認、進捗状況を把握しています。

■温湿度リアルタイム管理
商品品質に影響を与える温湿度を徹底して管理するために、温湿度計を設置し、リアルタイムに測定しています。

■電解水生成装置
工場内では洗剤量を減らすため、アルカリ水(脂肪分解)と酸性水(殺菌)を生成、使用しています。

■不燃パネル
火災時の延焼を食い止めるために、不燃パネルを採用しています。
■空中配線
万一の漏電火災を防止するため、天井はすべて空中配線です。

■懸垂車
懸垂車により枝肉を吊り下げたままの状態で衛生的に工場に搬入。
■枝肉搬入室
左右と上面をオートシェルターで塞いで外気流入を最小限にします。

このページの先頭へ