Home > 食肉加工・製造サービス > 設備(熊本ミートセンター)について

食品加工・製造サービス

はじめに

*KMCとは熊本ミートセンターの略称です

KMCの思い

熊本県は、じつは西日本一の酪農県。たくさんの牛さんが毎日牛乳を出して、多くの人たちの健康に貢献しています。
しかし、その牛さんたちは、役割を終えると、業界では「経産牛」と呼ばれるランクの低いお肉になっていきます。なぜなら、現在の日本では、「霜降り肉信仰」(脂肪交雑が多い方が良い肉)なのです。 牛乳を出すために日々徹底した健康管理を受け、肉質は固いけれども旨味のあるお肉をもったお母さん牛の評価が低いのです。

KMCが生産するお肉は、このような「熊本育ちのお母さん牛」です。一生懸命生きたいのちを、さいごまで大切にいただきたい、という思いで、日々製品作りに取り組んでいます。

例えば、今回の新商品の「愛情たっぷりくまもとハンバーグ」。増量剤や不要なつなぎを一切使用せず、肉の比率はなんと68%!塩麹、醤油麹の力だけで肉のうまみを引き出しました。
また、化学調味料、保存料等の添加物は一切使用していません。


あなたに食べて欲しい

KMCの工場では、職人さんがひとつひとつていねいに手ごねしてハンバーグを成形しています。
「本当に安心安全なハンバーグを、赤ちゃん牛を生んだお母さんの愛情と一緒に届けたい」。ミンチ肉の原材料に不安をもつ人や、子供に安全なものを食べさせたい人にも、安心して食べていただけるハンバーグです。

KMCは、葛、同の新しい事業です。

葛、同は、もともと牛さんを運ぶことからはじまった物流会社。今では、畜産物だけでなく、生活に必要な様々な食品全般を取り扱っています。
らくのうマザーズさんとのご縁で、今回KMCを建てることになりました。

ここでは、10人の障がいをもつ方たちも一緒に働いています。いのちを大切に、志をもって人間らしく働き、共に生きてゆきたい。 葛、同の願いです。

このページの先頭へ